葬儀ネットとは?
安心おまかせプラン
お近くの葬儀社
お近くのお花屋
資料のダウンロード
お見積
よくあるご質問
会社概要
葬儀社会員の募集
HOME
お葬儀の申し込み・お見積はこちらからどうぞ
お問い合わせ
お申し込み
ご利用料金
一般的な葬儀の流れとご遺族が行わなければならないこと
「葬儀ネット」会員葬儀社のサービス 一般的な葬儀の流れ ご遺族が行わなければならないこと
先ずはご連絡ください
下記をクリックしてお近くの中国・四国「葬儀ネット」葬儀社にご連絡ください。
すぐにお迎えの車を手配いたします。
お打ち合わせにより、ご要望にそった形で、ご安置施設や斎場、式場の空き状況を確認いたします。
お迎え
お打ち合わせ
先ずはご連絡を
臨終のご連絡をご家族や近しいご親戚、近親者へ速やかに行います。
葬儀社へ連絡し、通夜、葬儀について相談します。
事前に準備し調べておくこと
家族や故人の親しい友人・知人、宗派、ご親戚の所在地などを調べておくとよいでしょう。
宗派(仏式、神式、キリスト教式、無宗教葬)によって飾り付けが違いますので事前に確認しておきましょう。
故人の写真を探しておきましょう
遺族、親族ならびに一般の会葬者の人数を予測しておきましょう。
お迎え
ご連絡後、速やかに病院(お迎え先)にお迎えにあがり、ご家族様とご相談してご安置場所へお送りします。

ご安置場所へ到着後、速やかにドライアイスをあて、枕飾りのご準備をします。

神棚がある場合、神棚を封じます。
 
お迎え
お迎え
医師から死亡診断書を受取り、ご挨拶をします。

お迎えの車には通常1名はご乗車できますのでご安置場所までの付添いをお願いします。

 
通夜の前に決めておくこと
喪主を決める
一般に妻や夫が亡くなったときは配偶者、配偶者がいないときは子供、子供がいないときは親族になりますが、現在は故人と最も縁の深い人が喪主になるケースが殆どです。
喪主は、通夜、葬儀を通して故人の側に付き添い弔問客の対応をしますが、席を離れて出迎えや見送りはいたしません。
世話役の依頼
遺族は弔問客の対応の大事な役目がありますので、実際に葬儀を取り仕切るのは世話役の役目です。親戚、近所の人、親しい友人、知人に依頼します。故人が在職中に亡くなられた場合は、職場の同僚や部下にもお願いします。
お打ち合わせ
お亡くなりになられた方の地位やお人柄を伺いながら、式場、規模、風習、式次第など、また宗教上の注意事項なども適切にアドバイスさせていただき、喪主様、ご家族の方々とご葬儀の内容をお打合せします。
死亡診断書を預かり、役所手続きを
代行します。
三文判で構いませんが印鑑をお預かりします。)
式場、火葬場の予約と手続きを
代行手配します。
霊柩車やバス、ハイヤーなどの手配
お料理、返礼品などの手配
お打ち合わせ後、式場の準備に入ります。祭壇や装飾、外設備(テント)の設営などお式に合わせたご準備をします。
お打ち合わせ
お打ち合わせ
故人の社会的地位、交際範囲、遺志、ご遺族の意向などにより式場、人数などを考慮しながら、ご葬儀の内容を打合せします。
葬儀の日程を決める際には寺院、式場や火葬場の都合を確認した上で、葬儀に必要な手続(死亡届の提出、火葬許可証の受領など)や弔問客の到着時間を考慮して決定します。
関係者への日程連絡。
お手伝いの方を依頼する場合の手配連絡
ご供花、お供物の確認
ご自宅の場合、式場や控室のお部屋の整理、駐車場の確保など。
ご納棺
ご宗派に合わせてご納棺します。

風習がある場合にはその風習に合わせます。

  
ご納棺
ご納棺
事前に愛用品を用意しておきます。
お着せしたい着物がある場合は事前にご相談ください。
ご宗派や風習に合わせて、お清めやお酒などを用意します。
火葬場からの指導によりご納棺出来ない物もありますのでご相談下さい。
お通夜
お通夜の準備をします【式場、受付、送迎(手配がある場合)諸手配確認など)】。
お通夜の司会進行をします。
香典返しがある場合などには、引換えのお手伝い 。
お料理がある場合の配膳人の手配等。
お通夜
お通夜
お身内は早めにお集まりします。式場にもよりますが、お手伝いの方々より早めに式場へ来場します。
式場に到着しましたら、ご供花などの順番を決定します。
お通夜のご挨拶をされる場合は、挨拶の準備をします。(挨拶文作成など)
受付などのお手伝いの方手配確認(事前に集合時間は連絡しておきます)。
式中は司会進行に合わせて、ご焼香(仏式)玉串奉奠(神式)、献花(キリスト教・無宗教)をします。
告別式の打ち合わせをします。返礼品の追加確認、精進料理の人数、弔電の順番、火葬場へご出棺の際の人数(車両手配)の確認。
ご葬儀・告別式
ご葬儀の準備をします【式場、受付、送迎
(手配がある場合)、お通夜時、追加変更がある場合、諸手配確認など)】。
葬儀、告別式の司会進行をします。
お別れ時のお花の摘み取りをします。
ご葬儀・
告別式
ご葬儀・告別式
司会進行に合わせて、ご焼香(仏式)玉串奉奠(神式)、献花(キリスト教・無宗教)など)をします。
生花などにて最後のお別れをします。 
ご出棺
ご出棺挨拶の紹介。

霊柩車や車両への誘導。

ご出棺
ご出棺
お柩をご親族の方々により霊柩車にご乗棺します。
親族代表挨拶をします。
決められた車両に乗車します。
火葬・ご拾骨
火葬場にてご誘導、ご案内をします。

控室にての手配をお手伝いします。(精進落としを火葬場にて行う場合はご準備しておきます)。

火葬・ご拾骨
火葬・ご拾骨
火葬場にてお別れし、控室にて待ちます。
こちらで精進落としをされる方もいらっしゃいます。
ご案内が入り、2人1組にてご拾骨します。
ご法要
ご出棺後、初七日の準備をして、お帰りを待ちます。
宗派上お清めや風習がある場合、ご準備しておきます。
法要後、精進落としの場合、お料理の手配確認、準備しておきます。
四十九日のご法要に関しては、ご依頼により、黒塗り本位牌、お料理、返礼品等の手配は承ります。
ご法要
ご法要
本来ならば亡くなられた日を1日目として数えて7日目に法要を営みますが、最近ではご葬儀の日に親族様が集まる事を考えて、ご葬儀の日に繰り上げ初七日と称して営んでおります。
初七日の後は、一般的にはご埋葬に合わせて四十九日の法要をします。日程はご親族の方々のご都合の良い日を選び、宗教者の方と打ち合わせします。
この際に用意する物も確認しておきましよう。
ご法要時、ご当家様にてお料理や返礼品を用意する場合、手配しておきましよう。